千歳市民は童心に帰ってプラネタリウムに行こう!

 

どうも、まっつです。

 

 

みなさん、星空って普段見ていますか?

高い建造物が立ち並び、深夜になっても店や街灯の光で明るい現在は、なかなか夜空が綺麗に見えないですよね……

そんなときは、プラネタリウムへ行きましょう!!

 

そんなわけで、昨日千歳北ガス文化ホールに行ってきました。

ここの地下にはプラネタリウムがあります。

私は10年くらい前に入ったきりでした。

 

北ガス文化ホールのプラネタリウムについてはこちら↓

http://www.chitosebunka.jp/center/facilities/1f/planetarium.html

 

市民なら100円で入れます。これは嬉しい!

 

料金を払って中に入ると、場内には誰もおらず。

私だけだ! 貸し切りだひゃっほーい!! 

……と思い席に着いた瞬間、

 

カップルが来た。

 

カップルが来た。

 

高校生くらいの私服カップルが仲良く入って来ました。

私がいなければ君たちの貸し切りだったのにね!

ロマンティックが止まらなかったのにね!! あーあーごめんね!!

泣きたいのはこっちだよ!!

 

 

今回は「夏の大三角形」と「雄太の惑星ツアー」の2本立て。

夏の大三角形」では、穏やかなナレーションと共にゆっくりと日が落ち、夜空が現れる……眼の前いっぱいに星が煌きはじめ……

 

ちょっと寝てました。

 

いや、大三角形の説明までが長い。

大三角形が現れるのに何分かかるんですか。

 

結局肝心のデネブ、アルタイル、ベガの説明を話半分に聞いてしまいました。自業自得なので仕方がない。

 

 

で、そのあとの「雄太のわk……

 

雄太って誰だよ!!

 

えー、雄太君は宇宙の神秘に魅せられた小学生の男の子でした。

アストロペディアという宇宙百科のおじさんと旅に出て、宇宙について理解を深めていくという内容。大人もなかなか楽しめます。

惑星は高校のとき地学で学んだので、良い復習になりました。

 

 

 

途中で一瞬眠ってしまいましたが、全体を通して結構面白くて充実した内容だったと思います。

10月からは「秋の四角形」と「鮭の放流」だとか。ある意味楽しみですね。